このページの先頭


click here!



ホーム > 高校サッカー特集2007 > 全国高校選手権特集




藤枝東34年ぶりに決勝/高校サッカー

【高川学園-藤枝東】高川学園小川(右)と藤枝東石神(撮影・たえ見朱実)
【高川学園-藤枝東】高川学園小川(右)と藤枝東石神(撮影・たえ見朱実)

<高校サッカー:藤枝東1-0高川学園>◇準決勝◇6日◇国立

 藤枝東(静岡)が34年ぶりの決勝進出を決めた。前半11分、MF河井が4戦連発となるゴールで先制。その後もボールを支配し、相手を圧倒する危なげない快勝だった。静岡県勢としては95年度、鹿児島実と両校優勝に輝いた静岡学園以来12年ぶりの決勝進出となった。

 決勝の相手は昨夏の全国高校総体3回戦で敗れている流通経大柏。DF鳥羽主将は「1週間しっかり準備して、夏のリベンジをしたい」と気合を込めた。

[2008年1月6日19時8分]




ここからフッターエリア

このページの先頭へ