パンパシフィック水泳
一生、スポーツ。アクエリアス
部活の花道 高校サッカー
施設検索
イアン・ソープ特集
nikkansports.com インデックス>

記者会見で6個の金メダルを手に笑顔を見せるソープ
記者会見で6個の金メダルを手に笑顔を見せるソープ(01年07月29日 世界水泳福岡大会)
 「水泳界の貴公子」イアン・ソープ(19=オーストラリア)が日本で世界記録更新に挑む。24日に横浜国際プールで開幕する競泳の「パンパシフィック水泳選手権横浜2002」で、ソープは自由形の100、200、400メートルとリレー3種目の計6種目にエントリー。すべての種目で世界記録更新の期待がかかる。14歳で世界のひのき舞台に出てからまだ5年。日本でも、高校生スイマーと競争するアクエリアスのテレビCMが放送されるなど「水泳界の顔」として活躍するソープとは果たしてどんな男なのだろう。
 ソープ 決勝レース結果

 現在、195センチ、95キロの大男のソープは1982年10月13日、豪州・シドニーで生まれ。誕生時には4000グラムもあった。5歳のとき姉クリスティナさんが泳ぐのを見たことがきっかけでプールに入り、8歳のときにスイミングクラブで本格的に水泳を始めた。

 国際大会デビューは14歳の時。97年8月に福岡で行われたパンパシ水泳で400メートル自由形に出場して銀メダルを獲得。ここからソープの快進撃が始まった。翌98年1月に地元で行われた世界水泳パース大会に出場、わずか15歳にして男子400メートル自由形を制した。日本なら中学生3年生での世界チャンピオン。もちろん男子として大会史上最年少記録だ。さらに99年8月のパンパシ水泳(シドニー)では、初日の400メートル自由形に始まり、連日にわたり世界記録を更新。チーム種目の800メートルフリーリレーを含めて4個の世界新を樹立した。

 2000年9月のシドニー五輪での活躍は記憶に新しい。練習に集中するため高校を休学。「世界記録より、五輪の金メダルが欲しい」と宣言し、意欲満々で挑んだ。400メートル自由形で自らが持つ世界記録を0秒74更新する3分40秒59で制し、“ソープのソープによるソープのためのシドニー五輪”が幕を開けるた。400メートルフリーリレーでも豪州の最終泳者として出場し3分13秒67の世界新。200メートル自由形こそファンデンホーヘンバント(当時22=オランダ)に敗れ、銀メダルだったが、翌日の800メートルフリーリレーでは第1泳者として3個目の金メダルを獲得するとともに世界新更新も達成した。

男子400メートル自由型予選で力泳するソープ
男子400メートル自由型予選で力泳するソープ(01年07月22日 世界水泳福岡大会)
 翌2001年、世界水泳福岡大会では7冠を狙って来日、圧倒的な強さを見せつけた。まず初日の400メートル自由形で自身の持つ記録を0秒42縮める3分40秒17の世界新で優勝。その40分後の400メートルフリーリレーでは、アンカーとして登場、大会新で米国の9連覇を阻み2個目の金メダルを手にした。翌々日の800メートル自由形では、自己の記録を約2秒縮める7分39秒16の世界新記録をマークし3冠目。シドニー五輪で敗れたファンデンホーヘンバントとの因縁の対決となった200メートル自由形でも、自己記録を0秒63更新する1分44秒06の世界新記録で雪辱を果たした。100メートル自由形では伏兵アンソニー・アービン(20=米国)に敗れ4位に終わったが、残るリレー2種目も制し計6個の金メダルを獲得し、ソープに敵なしを印象づけた。

一生、スポーツ。
アクエリアス
 アクエリアスでは「パンパシフィック水泳選手権大会横浜2002」の開幕に合わせ、イアン・ソープを起用したCMを展開している。ソープのCM出演は“世代、種目、レベルを問わず、全ての人々が「一生、スポーツ」をする豊かな社会へ”という、アクエリアスの理念に深く共感したことにより実現したものだ。
 このCMですっかりお馴染みとなったソープと高校生スイマーの競争シーン。この撮影はソープの地元であるオーストラリアで行われた。

 場面設定は「ソープ1人対高校生水泳部員4人」。このロケが初の海外旅行という四国からの水泳選手2人を含め、精鋭4人がメドレーリレー形式で、個人メドレーのソープに挑んだ。互角の勝負をしつつも結果はソープが強さを見せつける。しかし敗れた高校生たちもすがすがしい表情で「アクエリアス」の一気飲みをする。まさに青春そのものという感じのCMに仕上がっている。

 ソープの強さの秘密はどこにあるのか。1つは35センチと驚異的な足の大きさだ。この足をフィンのように使って泳ぐことで、あのスピードが生まれる。さらに運動時には心拍数が最高230に達するなど心肺機能も高い。加えて背中で両手をたたくことができる肩関節の柔軟性も特筆される。ゆっくりしたストロークに見えるが大量の水をかくことができる。しかし最も大きな理由は、ソープ自らが話しているように「ハードワーク」にある。「これまで、数え切れないほどプールを往復してきた」。決して才能のみで世界王者になったわけではない。豊富な練習量が筋肉隆々の身体を作り、自信につながっている。
400メートル自由形で3分40秒17の世界新を出しガッツポーズを見せるソープ
400メートル自由形で3分40秒17の世界新を出しガッツポーズを見せるソープ(01年07月22日 世界水泳福岡大会)

 今年3月、ソープは全豪選手権で100メートル背泳ぎに出場した。結果は55秒74のタイムで2位。パンパシ水泳では背泳ぎにはエントリーしないものの、新たな可能性への挑戦を続けている。

 もちろん“本職”の自由形でも進化を続けている。7月30日に、英マンチェスターで行われた英連邦競技会では400メートルに出場し、3分40秒08の世界記録で優勝した。その時「僕は確実に進歩している。次は必ず(3分40秒の壁を)突破する。3分30秒を切ることも夢じゃない」と言い放った。99年のパンパシ水泳(シドニー)の400メートルで初めて世界記録を出して以来、これが400メートルでの5度目の新記録達成だ。

 英連邦競技会からわずか20日足らずで迎えるパンパシ水泳横浜。ハードな日程とあって、22日の会見では「調整が難しかった」と話した。しかし会場は初めて国際舞台に登場し、「この国が好き」と公言する日本だ。「ベストを尽くして、今回もできるだけ速く泳ぎたい」。控えめな言葉の中に自信が見える。着実に成長しつづけるソープ。24日から始まる本番では、果たして何度、顔の横で両こぶしを上げる独特のガッツポーズを見ることができるのだろうか。

―――――  イ ア ン ・ ソ ー プ  ―――――
 1982年10月13日、オーストラリア・シドニー生まれ。14歳でパンパシフィック選手権400メートル自由形2位。98年世界選手権は400メートル自由形で金メダル。16歳での制覇は史上最年少。00年シドニー五輪は400メートル自由形など金メダル3、銀メダル1。01年世界水泳福岡大会でも400メートル自由形など金メダル6を獲得。195センチ、96キロ。

nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
Copyright2002,Nikkan Sports News.